未経験でもOKな介護福祉士の求人の探し方

痴呆性疾患を患う親や配偶者を介護されている人の中には、「うろつきなどの症状が出てきたので、目を離せない」と心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時に是非活用したいのがグループホームです。

グループホームとは痴呆性疾患の方を対象にした少ない人数で共同で生活を送る施設のことです。

地域に密着するサービスのため入居条件に施設と同じ地域内に住居と住民票を所持している必要があります。

日本では少子高齢が問題になっており、介護施設で働く職員の求人も増えています。

医療や介護関係の資格を保持していて就職先を探している、すでに職についているけど現在転職を考えているという方、そんな方にオススメな求人転職情報サイトがジョブパワーズです。

募集情報には業種・職種やお給料だけではなく、介護資格士の免許や、看護師の免許など資格を持っている人を募集しているかわかりやすく、前職の経験を活かしやすそうです。

また、ブランクが長いけど大丈夫?年齢制限はセーフ?という人向けに気になる条件を詳細に絞り込むこともできます。

それでもちょっと心配...という場合は採用担当者と求職者で直接やりとりすることが可能ですので、そこで聞いてみるのもありです。

介護業界の求人を見ていると気になる単語がありました。

それは「ケアハウス」と「老人ホーム」の違いについてです。

一般的には、同じ施設のようなイメージですが、介護職の方に尋ねたところ、「ケアハウス」とは軽費老人ホームのことで、自治体の助成を受けることで比較的低額な料金で入居できる福祉施設のことで、「老人ホーム」は民間が運営を行っており、自治体が介入していない施設のことのようです。

サービスの違いとしては、「老人ホーム」では入浴介助や健康管理も行なわれますが、一方の「ケアハウス」では食事や洗濯など介護の度合いが低い方が対象になっています。

最近、介護の世界で働いている知り合いが転職・求人サイトをよく見ているようで、話を聞いていると、介護業界とひとくくりにしても施設によって目的や内容が違うことを知りました。

例えば、普段老人ホームと呼んでいる中でも介護老人保健施設(老健)と分類される施設と特別養護老人ホーム(特養)と呼ばれる施設など種類があるそうです。

老健では、家族の方とも相談しどこまで機能回復をさせて家庭へ復帰させるか計画し、栄養管理・食事・入浴などの日常サポートを行っています。

特養では、認知症や寝たきりの方の介護が基本になるので食事や入浴、掃除や洗濯などの生活援助がメインになります。

「介護をしない」高齢者施設。

がキャッチコピーの求人情報が掲載されていました。

できるだけ介護をしないとはどういうことなのか調べてみたところ、下記のようなことがわかりました。

まず、求人情報で見た施設は自治体から援助を受けて運営している軽費老人ホーム(ケアハウス)のことでした。

一般的な老人ホームとの違いは、老人ホームでは職員が生活支援の他に入浴や排泄介助もしますが、一般型施設では、職員は生活支援をするのは同じですが入浴や排泄介助はしません。

また、地方自治体、社会福祉法人が運営しているメリットとして老人ホームと比較すると低額で入居することができます。

今の仕事は好きだけど職場環境が合わなくて変えたい、出産を機に仕事を離れていたけどそろそろ復帰しようかなという場合、大手の求人サイトで仕事を探してみたけど保有している資格を活かせるような求人がなかなか見つけられない時があります。

そんな時、どうやって探すと効率がよいでしょうか。

近年、資格や職種を限定した求人サイトが増えていることをご存知ですか?ジョブパワーズという求人サイトは医療福祉関連専門の募集だけが載っています。

同じ地域でパートとして働く場合、資格が必要な仕事の方が時給が高いので、資格保有者は資格手当なども重視しましょう。

契約社員として働いている方に質問です。

将来の計画はどのようにお考えですか?いずれは正社員で雇用されたいという人が大半かと思います。

でも、実際どうしたら正社員になれるのでしょうか。

一つの方法として現在非正規で雇用されている職場から社員登用を目指す、あるいは、正社員として雇ってくれる会社へ転職するかのどちらかではないでしょうか。

総合転職サイトの利用もいいのですが今の仕事の経験をより活用したいなら医療福祉系に特化しているジョブパワーズのように業種や職種を絞って掲載している転職・求人サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

転職・求人サイトによっては検索条件の絞り込みが充実していたり、就職祝い金がもらえるなど嬉しい特典があるサイトもあります。

一念発起して脱サラして起業をしたけど失敗してしまった。

どうしようかと悩んでいる時に介護の仕事に出会う40代、50代の方もいるそうです。

業界未経験だけど大丈夫?求人しているの?と思ってしまいますが、介護の世界ではスタートに年齢は関係ありません。

また、40代、50代での中途入社の場合、年齢が近いので利用者も気楽に感じるのか早くから仲良くなることもあるそうです。

他にも、別の仕事をやってきた知識や人脈から「この作業は大変」と今まで当然に思ってきたことが変革することもあります。

そのため、介護の世界では59歳までとほぼ年齢制限を設定していない企業が多いようです。

仕事をする上でキャリア形成って気になりますよね。

キャリアが上がれば給与も上がります。

具体的な方法としては資格を取得したり勤務先を変えるなどがあります。

特に、介護の業界ではその傾向が顕著なようです。

まず、最初に初任者研修・実務者研修を受講し資格を手にする。

生活相談員の条件を満たし入所から生活までの相談やサポートを行う。

介護対象者のケアプランを立てるケアマネージャーの資格を取得する。

など、資格を取得することが=キャリアアップ=給与アップに繋がります。

また、転職する場合に求人サイトを見ると資格を所持していればケアマネとして就業できるチャンスも広がります。

あなたはケアホームとは何かご存知ですか?本で調べてみたところ、障害程度区分2以上に該当する方に対して、共同生活住居にて、日常生活支援にプラスし、食事のお世話や入浴・排せつなどといった介護を提供する施設だそうです。

なお、少子高齢化に伴い介護業界では常に人不足に陥っているため求人件数は多いです。

各施設、スタッフを集めるためにより良い条件を出しています。

なので、転職を考えている方には、好条件の求人を見つけるチャンスなのです。

他にも、資格取得の支援を行っている施設があったり、資格を取得することにより資格手当がつくこともあります。

自身のキャリア形成を描いている方にはオススメの業界です。

初めて何かを利用するときに評判って参考になりますよね。

就職活動中の方の場合はそれこそ自分が働きたいと思っている職場の環境などが気になりますよね。

例を挙げると、介護の仕事の場合、人手不足で仕事が大変、人間関係が大変そうなど負のイメージを持っている人が多い印象です。

求人サイトの中には、採用された方のレビューを載せていたり求人サイトの担当者がページ掲載前に実際に企業に伺って独自のチェックリストを使っていわゆるブラック企業に該当しないかをチェックして問題があったら掲載しないと決めているサイトもあるようです。

仕事選びをする際には様々な情報を参考にしましょう。

少子高齢化が進行している現在、重要とされている仕事があります。

例としては、介護の仕事です。

大切な仕事ということは求人が多いのではないかと少し調べてみたら正社員の募集が予想以上に多い状況でした。

福利厚生や制度も業界全体として理解があるのか出産・育児休暇制度を設けている会社が多く休暇後の職場復帰もしやすそうになっています。

キャリア形成のための資格取得支援や取得後には資格手当も設定されているのでできることを増やしたい、上を目指したいという向上心を持っている方にも良さそうです。

労働条件のいい会社は人気なので見つけたらすぐに応募しましょう!みなさんは仕事・職場の選び方ってどうされていますか。

多くの人は福利厚生と給与面を気にしていると思います。

仕事を始めて見た結果、給与はいいけどやりがいがなくて仕事をしていて楽しくないという話を聞くことがあります。

介護の仕事をしている方に話を聞く機会があり、聞いてみると世話をした利用者から感謝をされるのがすごく嬉しい、元気のなかった人がどんどん元気になっていくところを見れて人から必要とされているのが実感できると言っていました。

求人状況を調べてみると色々な会社が募集をしていて希望する働き方に合う職場もありそうです。

夢のためにお金を貯めたい、趣味の時間に昼間は充てたい、そんな方にオススメしたいのが介護の仕事です。

求人情報を見ると仕事自体は忙しそうですが夜勤をすると手当がつく企業が多く、基本給に加え1夜勤あたりだいたい3000から8000円とその支給額も多めになっています。

老人ホームなど24時間介護を行なっている施設では、老人ホームなど24時間スタッフが必要な施設では、そのため、少ない日数で高収入が得られ、各種手当を活用し、少ない日数で高収入が得ることができ、勤務サイクルが変わらないので夜勤専門という自由な時間が多いのでパートを始めようと考えた時に何を基準に探しますか?多くの方は自宅の近所や自給や交通費支給などの待遇面を考えると思います。

求人条件で待遇を見てみると介護福祉士の資格があるなど社会資格を取得していれば資格手当がつくこともあります。

その場合、休業期間があって不安な方もいるかもしれませんが、多くの施設ではブランクがあってもOK!未経験でも大丈夫という募集が多いので安心して応募できると思います。

また、施設によっては土日のみ働くなど時間に融通が聞く施設もありますので自分の条件に会うパートを探して見てください。

引用:介護福祉士の求人を探している方必見!未経験OK!【ランキング】