証券の仕組みってどうなってるの?

証券というのは、権利や義務に関する事が記載されている文書の事を指します。
一般的には財産に関するものが多いようです。
証券には大きく分けて2種類ありますが、その一つが証拠証券で、もう一つが有価証券です。
証拠証券とはその名前のとおりで、何らかの事実があったという事を証明するための文書です。
と言っても何の事か分かりにくいと思いますから、具体的な例を挙げてみましょう。
身近にある証拠証券としては、銀行の預金通帳があります。
預金通帳には預け入れた金額や引き出した金額、引き落としの金額などが表示されていますが、通帳によってその事を証明する事ができるため、証拠証券と言えます。
損害保険や生命保険に加入すれば、保険証券というものを受け取ると思いますが、これも証拠証券と言えるでしょう。
一般に証券と言った場合には有価証券を指す事が多いようです。
有価証券という言葉をそのまま日本語にすると、価値の有る証券ということになります。
意味もそのとおりだと言えるでしょう。
財産権などの権利を表すものであるといえます。
このように、証券とは何らかの権利や義務を示すものです。
例えば債権を示すものとして手形や債権などがありますし、株式や新株予約券などもあります。
このようなものがあることによって、自分の財産などの権利を示す事ができると言えます。
文書として書かれている内容については、法的な効力を持ちます。
ですから、法律によって権利や義務を確定させるという意味があるのです。
ネット証券投資信託手数料比較